お片付けの効果は介護にも◎

わたしの暮らし・日常

最近、「片付け」について、取り上げられることが多くなってきたと思います。

片付けると気持ちが整う
片付けるとお金持ちになりやすい
片付けると運気が上がる

などなど
数え切れないくらいのいいことが上がっていますね。

私も今の住居に引っ越しをしてから、早いもので8年が経過しました。

もともと、そこまで物を多く所有していませんでしたが
今必要なものを残し、必要のないものを処分することを続けてきました。
地道に続けてきた結果
居心地の良い住まいになりました。

お片付けするとどんなメリットがあるのか
私なりの見解です。

歩行や移動がスムーズになる

私の家では、床に物を極力置かないようにしています。

物が置いていない床はスッキリしていますし
足元に物がなければ、つまずきにくいです。
もちろん、車椅子での移動もスムーズです。

トイレまでの動線上に物がなければ
最短距離でトイレに行けます。

自分でトイレに行けるということは
在宅で生活を続けるにあたり
とても大切な日常生活動作なのです。

スムーズな動線を確保することは
転倒のリスクを下げ
安全な行動範囲を広げます。

必要な福祉用具が導入しやすい

今現在、我が家では
縦型の「突っ張り棒」のような垂直型の手すりと
置き型タイプの手すりをお借りしています。

住宅改修も行って
玄関とお風呂に手すりをつけました。

今後は、車椅子・介護ベッドも使って行く予定になります。

設置する際には、実際に生活をする方の行動範囲や生活様式を考えた
介護用品の設置場所の確保が大切です。

物が少なく、スッキリと片付いたお部屋は
適切な場所に介護用品を設置しやすくなります。

介護が必要な本人だけでなく
実際にケアをする家族の負担も少なくしてくれます。

マンパワーを導入しやすい

介護ケアを受けたいけれど
見ず知らずの他人を家に入れるのはちょっと・・・・・

そうお考えの方は結構多いと思います。

そして、家に入れるのに抵抗がある大きな理由の一つに
「家が散らかっているから、人に見られたくない」
というお話を何度か聞きました。
(さくらの友達(介護人)アンケート にて)

以前は私の家も
片付いていた時があったっけ???
というくらい
ゴチャゴチャっとしていました。
何も知らずに家に入ったら
「泥棒に入られたのですか???」と尋ねられる感じです(笑)

介護用品が使いやすく整ったお部屋は
介護ケアをしてくださる方も
お仕事がしやすく
良いケアを受けられやすいです。

美しい部屋でなくても良いのです。
生活感があっても良いのです。

片付いていること

これだけで、家の中にマンパワーを入れる「心のハードルがかなり下がります。

相手との信頼感を築きやすい

これは、実際にあったことです。

私は、パパ様が入院中に
「経済的な負担が大きいので、何か使える福祉の制度や減免措置などはありませんか?」
と医療ソーシャルワーカーを尋ねました。

すると、担当のソーシャルワーカーは

・収入や日々の生活費・固定費
・お家の状況

を尋ねてきました。

私はズボラなので
日々の生活費はスマホでレシートの画像を撮るだけ家計簿を利用しています。
大雑把な収支の数字は把握しているので
質問には答えることができました。

これ以上下げることが出来ないくらいまで
すでに生活費の見直しは済んでいるので
担当のソーシャルワーカーも納得されました。(笑)

そして お家の状況について

ワーカーさん
「家に帰るときは車椅子が必要になりますが
車椅子で家の中を動くことはできますか?」

さくら
「大丈夫です。
我が家では床に物を極力置かないようにしています。」

ワーカーさん
「ベッドも入れることになりますが
結構大きいので
家具を動かすこともあります。
場所を確保することはできますか?」

さくら
「今後はベッドが必要になるだろうと考えていたので
その場所は確保してあります。
家具も最小限にしてあります。
動かすことも問題ないです。」

ここでワーカーさんが うんうん と首を縦に振り
「わかりました。
できることはすでにやっているのですね。
それでは
使える制度などを考えていきましょう。」

と、次に進めることができました。

私は「経済面で苦しいです!」と言えば
色々な福祉の制度を紹介してもらえるものだと考えていました。

でも、まずはその人の生活ぶりなどを見て
どこを改善すれば、うまく生活をして行けるのかを
判断されているのだと感じました。

この人なら
次のステップに進んでも大丈夫と
信頼していただけたので
色々な制度のお話を聞くことができたのだと思います。

後で聞いた話ですが
家が片付いているお家は
精神的にも落ち着いているお宅が多く
トラブルも少ない傾向にあるのだそうです。

我が家は精神的に落ち着いてるの???
いささか疑問ではありますが
信頼感を築きやすいということは事実のようですね。

まとめ

住まいが片付いていると
住居の安全性が増し
転倒などの危険性が下がる傾向にあります。

必要な介護用品が適材適所に設置しやすくなります。

また、片付けられた環境には
人が気軽に入ることが出来やすいため
色々な人の力を借りやすくなります。

環境が整っている住まいの住人は
精神的にも安定している人が多く
関わる人たちと信頼感を築きやすいというメリットがあります。

タイトルとURLをコピーしました